プランター たんじゅん農法 土…

プランター.JPG 写真①

先月畳替えをした。
新品と入れ替えたのではなく、リサイクルタタミとの交換である。
リサイクル畳というとは特別なタタミのようだがそうではありません。
とあるお家でタタミを廃棄処分する前の
程度の言いのをもらい受け、
我が家のカビ臭のする安いタタミと入れ替えた、という意味での
リサイクルなのです。
その入れ替え時に我が家のタタミはオイラが処分しないといけない。
屋敷の隣は人気のない雑木山林なので
その空地に敷き広げておけば雑草対策にもなるので
野外放置処分するつもりだった。
重いタタミをとりあえず庭の隅に積み上げて置いた時に
思いついた。
たんじゅん農法式でタタミ枠のプランターにするというのが
一番、ではないか・・・。
たんじゅん農法では土に空気を提供することと
水はけを良くするのが一番ということなので
この畳枠サイズのプランターだとちょうどいいのではないか。
アイデアはいいと思った。
しかし、プランター用土をどうする?
1.8×1.8≒2㎡・・・けっこうな量である。
数字の計算が苦手だが
見た目以上に大量の土が要るようです。
プランターb.JPG
写真②
何はともあれ、鉢底石の代わりに`笹``もみ殻`を入れて見た。
水はけのためにはいいようだが、踏み込んでみると想像以上に
フワフワだ。フワフワしすぎ・・・。
土を上に載せればしっかり土がしまる、だろう・・・か。
プランターc.JPG
写真③
この後、用土をタタミの高さ約90㎝まで
足すにはどのくらいの量になる、、、かな?と
市販の培養土の入った袋を笹、もみ殻の上に積んでみた。
ざっとの計算で150袋は軽く入るようです。
1袋100円ちょっとなのでx150≒15000円・・・。
タダのタタミの廃物利用にかける費用にしてはかかりすぎ・・・。
いかがいたしましょう・・・。
「土画像」の画像検索結果 「土画像」の画像検索結果
↑コピペ画像                    ↑コピペ画像
上掲写真のような土がどこかに在るはずだが
安く手に入れる方法を思いつきません。
残土の入手先を調べ
搬入手段を考え
作業をする手間ヒマをかける。
ふとした思い付きがどえらい手間ヒマのかかる事になってしまった。
ヒマ人なのにかかる手間ヒマを惜しんでどうする…?。

ある先輩が言っていたのを想いだした。

金をかければ思った通りの事を成し遂げるのは簡単だ。
金をかけずに出来ないかを考えるのが人間の‘‘知恵‘‘というモノだ。
物事を為す方法には
この手間ヒマという時間をかけるのに、お金をかけて他人様の手をかりるか
自分の時間を使い切るかのどちらかしかないのだ。
時間は人生での中ではもっとも貴重な財産だという。
しかし、金をかけて時間を買う能力がない以上、自分の時間を使うしかないのだ。
いいじゃない、自分で決めた道じゃないか、
無駄だと思うなら、すぐやめな!
自分の時間をどう使おうと自分の勝手じゃね?
よそ様には何の迷惑もかけないのだから。
とは思いつつ、途方に暮れている変なお爺さん・・・。
「志村けん変なおじさん画像」の画像検索結果
 ↑コピペ画像
「そうです、私が変なお爺さんです」
と、開き直ったところで、何も先に進みません。
どうしましょう・・・。
近くの農園で排水対策の溝掘りをした時の掘削土がある、
それを使おうか・・・と思いついて
さっそく行動した。
軽トラが無いので
袋に詰めて乗用車に積んで運ぶしかないのだ
14ℓ入る肥料袋で13袋を3回運んだ、150袋のうち、まだ40袋程度・・・。
運び込んだ土をそのままタタミプランターに入れれば
手が省けるのだが、そうはいかない。
運び込んだ土は農園の排水の悪いところの土なので
腐敗臭がする、ミミズがいる、そのまんまではプランター用土にするには
ちょっといけません。
腐りかけの塊りの用土をほぐしながら、もみ殻と貝化石石灰を混ぜ込む事にした。
全て手作業である。
譲り受けた、もみ殻の有効活用なのだと思っての事でもある。
時間はある。
しかし、お天道様には敵わない。
曇り時々雨の日が続いて作業が想うように進みません。
この先の天気予報でも好天は望めそうもないです。

曇り時々雨、の日が続いて、雪混じりの時雨しぐれの季節に成ればもう農作業はお休みの季節、雪が降る前にこのプランタ造成作業を終わらしたい・・・。

もみ殻堆肥」という有機農法には貴重な資材であるもみ殻は基本的には旬のモノ。
「貝化石石灰」貝化石という農業資材はあまり知られていない。
 天然の地下資源だ。地球の地殻変動を大きかった太古の時代に海洋微生物等が
 堆積して化石のようになったもの。
 
 しかし石灰化した岩石ではない。トラクターで踏む潰すだけでも砂状になる
 という特殊な石灰なのです。
 
 普通の石灰だと酸化した土を中和するための強アルカリ性なのだが
 この貝化石粒子は弱アルカリでもあるので
 土との相性が良く、酸化畑土の中和ができるのに、土がアルカリ化する事がない、
 のですぐに作物を植え付ける事が出来るという特殊な石灰です。

投稿者: genkida

東京で人生半ばを過ごした沖縄人が雪国で隠遁生活をしています。 趣味 火遊び DIY.  家庭菜園 苔玉盆栽(初心者) ーひとこと、ふたこと、人生観ー 人生は一度きり、今ある時間が全て。 過ぎてしまった時間は絶対に取り戻せない。 人や社会への想いは人の頭脳の中だけにしか存在しない。 人の頭脳の中に在る想いの一端をネットの世界には残せる...。 その記録は人類が存続する限り、残り続ける...........................?。 宇宙の彼方に見える星葛ほどに小さく無数にあるネット情報。 さまざまに人の想いが詰まったネット世界の記録。 仮の仮、偶然に未来の人に発見された時、少しでも役にたつ記事.記録を残したい。 未来の人でも理解できるような記事が綴れるのだろうか・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中