↑元気だば長寿教訓解説(3.お酒

「お酒は適量ゆっくりと」

泉重千代さんの長生訓の三番目にあるのがこの項目です。「お酒は適量ゆっくりと」。

人間にとっての自然の分類の仕方に「発酵」と「腐敗」がある、と言う考え方があります。その理屈でいうとお酒は「発酵」で出来た飲み物、という事になると思います。

発酵と腐敗というハナシの中に納豆の事があります。現代では納豆を食べる食文化は全国に広がってはいますが、もともとは関東地方の食文化だったそうです。

そんな納豆を始めて見た京都出身の方には腐った豆に見えたそうです。外人さんでも食べる事には抵抗がある人は少なくないようですが。私達には日常的に食べているのであの独特の匂いは気にならないのですが。

それでも人によってはそうした納豆の匂いは腐敗菌の匂いなのだと言います。

いずれにしても普通の感覚で言えば、腐敗、つまり腐ったモノを食べればお腹を壊すのは当たり前です。でも納豆を食べてお腹を壊した人がいる、というハナシは聞いた事がありません。どちらなんでしょうか?。

納豆も味噌.醤油などと同じような発酵食品の部類なのでしょう・・・。そうした発酵で出来上がった飲み物の中にお酒があります。

お酒というと、清酒、日本酒のように思う人もいるようですが、お酒=アルコール飲料というのが普通だと思います。そんなお酒には大きく分けて二つの種類があると言われています。その一つに蒸留酒があり、そして醸造酒という二つがあります。

この分類が分かる人は左利き、左党の「通」かも知れません。要するに酒飲みの中でも「通」と呼ばれている人ですね。

発酵の基本はどちらの種類でも同じ行程をとっているそうです。

穀物の中にある炭水化物、でんぷん質を水分でふやかして酵母、麹などを添加すると、炭水化物に含まれた糖分をエネルギーにしながらさらに炭水化物も分解する過程でアルコールが発生するという「発酵」という、自然のメカニズムが働きだすと言われています。

発酵時のある段階ではどんな穀物も(たとえ味噌、醤油でも)アルコール発酵が起きると言われています。

現代の日本ではまだ、個人の趣味であってもアルコール発酵を目的に「発酵」をさせてはならない事になっています。

「進め進め兵隊進め」と言う時代(明治クーデター政府の富国強兵政策の時代)以前には個人が家庭で仕込む「ドブロク」には何の問題も無かったそうです。

「ドブロク」発酵文化は日本が世界に誇れる食文化の一つだと思います。

しかしあの暗黒の時代(戦争をするための費用を酒税で増やそうと自家製ドブロクが禁止された)に作られた法律が現代まで残っているのです。個人が勝手に「ドブロク」を仕込む事は「密造酒」であり、違法なのです。

それが個人の趣味であってもアルコール発酵をさせる事自体が違法なのです。個人の趣味を国家が法律で禁止しているのは世界でも日本だけなのだそうです。

「お酒は適量ゆっくりと」と言われるお酒には世界に色々な種類があります。ワインなどは近年世界的にもポピュラーな飲み物になっていますが民族や地方の文化によってもいろいろなお酒が造られています。

いわゆる「薬酒」の部類になると数えきれないほどの種類があるようですが、「薬酒」になると必ずしも発酵を伴わないで作れることがあるのでホントの意味ではお酒では無いと小生は思っています。

例えば「梅酒」の場合は梅の焼酎漬けなのであって、発酵酒では無いのです。つまり発酵を伴わないからこそ、国税庁は合法としているのだと考えられます。

人類の歴史が始まって以来、人類はアルコールを呑む事で楽しく愉快な心持になるお酒の作り方を様々に発明してきたと言われています。

人がアルコールを飲む事は現世で元気な時に天国に行ったような気分になれる事だと言う人もいます。

「クスリ続けますか?人間やめますか?」などと呼ばれるほどの「中毒性」がお酒にはないからこそ規制される事はないのだと思います。そういう意味では個人の趣味の酒造りを国家が法律で規制するなんぞ、あまりにもセコイ感覚ではないかと思います。

でも「私はコレで会社クビになりましたという広告が在ったようにコレの飲み方一つで人生を狂わせる事もあるようです。心したいと思います。

なので「適量」を「ゆっくり」飲みなさいと言う格言があるのだと思います。しかし、好きな人はコレの「適量」を「ゆっくりと」飲む事がなかなか出来ません。

「お酒」は「現世ご利益」…生きているからこそ飲める楽しみの一つなのです。長生きのためとは言え、お酒の飲み方を制限しないといけないなんて困ったもんです。

もっとも酒は飲むな、との説はどこにもありません。お酒は「百薬の長」とも言われているのですから・・・。

 

↑←解説原本を見る

ページ先頭に戻る↑

btn02-09 

 

 

 

 

投稿者: genkida

東京で人生半ばを過ごした沖縄人が雪国で隠遁生活をしています。 趣味 火遊び DIY.  家庭菜園 苔玉盆栽(初心者) ーひとこと、ふたこと、人生観ー 人生は一度きり、今ある時間が全て。 過ぎてしまった時間は絶対に取り戻せない。 人や社会への想いは人の頭脳の中だけにしか存在しない。 人の頭脳の中に在る想いの一端をネットの世界には残せる...。 その記録は人類が存続する限り、残り続ける...........................?。 宇宙の彼方に見える星葛ほどに小さく無数にあるネット情報。 さまざまに人の想いが詰まったネット世界の記録。 仮の仮、偶然に未来の人に発見された時、少しでも役にたつ記事.記録を残したい。 未来の人でも理解できるような記事が綴れるのだろうか・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中