火遊び、非電化 電力(2.

火熾しの理屈を知ったところで、いきなり屋内に「薪暖房機」を設置する事なんて怖くて出来ません。

先ずは火熾しに慣れる事から始めようと、ネット検索していると、空き缶細工での火熾しが出来るというので応用可能な暖房機が造れるのではと思いたった。

空き缶といってもコーヒー缶やビール缶からペール缶、ドラム缶と色々ある。いきなり大掛かりな事も出来ないのでまずは茶筒のような空缶を細工して割り箸を燃やす事から始めた。

非電化ではあるが非化石燃料ではないのだ、練炭、豆炭はどうだろう…。

(かつての練炭メーカーの老舗「ミツウロコ」という会社は倒産ではなく廃業したという。もう石炭の時代ではないという事のようです)。

化石系でも豆炭が非電化なら、自然系の炭の粉を丸めて造った炭団(たどん)はどうだ?

炭団は市販されていません。炭団は高価な炭とその粉がないと作れません。

「練炭画像」の画像検索結果   「練炭画像」の画像検索結果←Google検索画像

↑練炭コンロと木炭コンロ。     ↑豆炭。

練炭は少々値段が高いので、安い豆炭を買ってきて燃焼テストをしてみました。しかし豆炭の燃えカスである灰の量が半端じゃありません。上掲写真のような形のままに燃え切った灰が残るのです。

電力を発生させるには、水力、風力、太陽光、火力などなどいろいろあります。

火力を除く、再生可能なエネルギーより経済性を優先するあまり、エネルギーミックスなどと言って、あの世界的大事故を招いた、あの東京電力が稼働を停止している「原発」の「再稼働」を言い始めています。

「万一」に備えて、、、の事故対応訓練をしているから安心で在るかのように宣伝して・・・「安全」とは言わない・・・。

あの「福島原発」の事故処理、後始末にはこれから30年以上かかると言われています。作業員が命を賭けて事故の始末に追われています。まだ事故処理は済んでいないのです。

あの大震災のような「万一」が起きたら「原発」は「安全」では無い事が「福島原発事故」が証明しています。なのに、「原子力規制委員会」と言う御用学者達が安全では無い「世界一厳しい安全基準」に合格したと「原発再稼働」にお墨付きを与えました。

火力発電と言われている火力のほとんどが化石燃料と呼ばれています。石炭、石油、天然ガスなどですが。

原爆の「平和利用」という掛け声で作られた原発の燃料はあの忌まわしい非人道的兵器とも言われる核兵器の核爆発原理を応用しようとしたモノなのです。

核燃料と呼ばれているモノの代表はウラン235とか238という物質と言われています。核燃料も元々は化石燃料と同じ地下資源由来の物質だそうです。

量的には少量でも巨大なエネルギーを発生させられることから省エネ燃料などとも言われています。

地下資源の無い国の省エネ燃料なのだから例え放射性廃棄物が溜まり続けていっても仕方のない「必要悪」と言う事のようです。

「子孫に美田を残さず」という格言がありますが、世界の国家政府はドラム缶で放射性廃棄物を子孫に残し続けていくつもりでいるようです。その政府を信任した国民にも責任が在るように思います。

経済のためなら…お金のためなら、処理の出来ない、原発放射性廃棄物を大量に子孫に残していく事は仕方のない事のようです。

そうしたところに必要悪的「原発」問題の難しさがあるように思います。

「原発画像」の画像検索結果      「原発画像」の画像検索結果 Google検索画像

核分裂という巨大なエネルギーは巨大な量に見合う巨大な量の冷却水が要るようです。だから大量の海水が近くにある場所に造られているんんですね。

                        次のページへ👉

↑←火遊び解説原本ページを見る

                       👆ぺージの先頭に戻る

 

 

投稿者: genkida

東京で人生半ばを過ごした沖縄人が雪国で隠遁生活をしています。 趣味 火遊び DIY.  家庭菜園 苔玉盆栽(初心者) ーひとこと、ふたこと、人生観ー 人生は一度きり、今ある時間が全て。 過ぎてしまった時間は絶対に取り戻せない。 人や社会への想いは人の頭脳の中だけにしか存在しない。 人の頭脳の中に在る想いの一端をネットの世界には残せる...。 その記録は人類が存続する限り、残り続ける...........................?。 宇宙の彼方に見える星葛ほどに小さく無数にあるネット情報。 さまざまに人の想いが詰まったネット世界の記録。 仮の仮、偶然に未来の人に発見された時、少しでも役にたつ記事.記録を残したい。 未来の人でも理解できるような記事が綴れるのだろうか・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中