火遊び…火が燃える理屈(1.

「木炭コンロ」の画像検索結果Google検索画像

薪や炭などに火が点く、には次にあげる三つの条件がバランスよく揃っているとよく燃えると言われています。

1.)可燃物…。燃える物。

 燃えるモノには色々あります。大きく分けると自然系  と化石系の2種類があると思います。木材の、炭、木綿の布といった自然系有機物、有機物系の可燃物とは普通には「薪」と呼ばれている木のことですがよく乾燥している、と言事が必須です。濡れた新聞紙に火が点かないのは誰でも分かる事ですが、木材がよく乾燥しているかどうかに気を付けない人はけっこういるのですよ。

そしてペットボトルや化学繊維といった石油精製品と言われている化石系でしょうか。化石系には塊り、固体以外に液体、気体もあります。

2.) 酸素…。空気。

火が燃える事を化学的には酸化反応と言うそうです。物が燃える時 にこの酸 素が少ないと良く燃えないと言われています。化石系には 液体 と気体がありますが、気体と言われるガスに引火する事を火が付き、燃 える とも言いますね。

 薪ストーブの場合、最初に火を点ける時に「焚きつけ」と言 われ ている物は化学的には酸化反応しやすい物という事なんですね。
新聞紙とか枯葉や細い薄い竹などは燃えやすいので酸化反応しやすいモノという事になります。薄いペラペラ状になっているとガス化しやすい、という事でしょうか?

酸化反応しやすいモノ(火が点きやすいモノ)には揮発性があると言われているガソリンなどは液体そのもの に火が点くのではなくガソリンから出ている( 揮発している)ガス が酸素、空気に触れる事と高熱が加わる事で燃え上がるという理屈なんですね。

 台所での天ぷら油火災での油に火が点いている場合は油が燃えている のではなく、油が加熱され過ぎたために油から湯気のような燃えやすいガスが 発生しそのガスに火が点いているのでず。

鍋にフタをする事で火を 消す事ができますが
どうして火が消えるのでしょうか?

燃えるガス、空気、熱の三つのうち、空気がなければ火は燃えないという3 原則のひとつ、空気を遮ると火がうまく燃えなくなるのです。ナベにフタをする事で油から出たガスが空気に触れないようにする事で火 が収 まるという理屈なようで す。

3.) 熱源…。熱エネルギー。

ガスに火を点けるには一定の熱を加えないと燃焼、は起きないと言われています。つまり常温では火は点かないという事なのです。近年は台所のガスレンジや、使い捨てのガスライターなどのガスに火を点ける時に「チチチチチチ…」と音を立てるあの火花、電子式の火花で火を点けているのがほとんどだと思い ます。

熱源が無いと火は点かないという理屈でいえばあの電子音から産まれているあの小さい火花でもかなり高い温度だという事なんですね。

<まとめ>

火がよく燃えるのに3原則というのがあって「1.燃える物、2.空気、3.(火だね)」がうまく揃っている必要がある。

逆に言えばうまく燃えない時は上記のいずれかの具合が悪い、と考えると原因が分 かりやすくなる、という事になるでしょう。

焚きつけ、火の燃やし初めの時には良く乾いた枯れ草、枯れ小枝、紙、灯油…..などを使い分ける必要があります。 

●空気の送り方を工夫する…。炭に火を移す場合は炭に火が点かないうちは空気はあまり送らない方がいい…焚きつけ材の火と熱で「炭」を加熱して「炭」の内部からガスを出すため風で熱を分散しないためです。

●熱源としての火種には、マッチ、ガスライター、火打石…などがあります。

 火がうまく燃えていない時は煙が多く出ます。「薫製」造りの時はチップなどの素材が燃えないように函のなかに空気が入らない工夫をする必要があります。空気が少ない と「煙」が良く出ます。モノが燃える時の3原則のひとつ、空気があまり無い状 態を造るという事をしているので煙が出ます、その煙で燻すのを燻製づくりと言っているのですね。

 

 

                            次のページへ👉

 

↑←「火遊び」解説原ページを読む

     👆トップページへ戻る

 

投稿者: genkida

東京で人生半ばを過ごした沖縄人が雪国で隠遁生活をしています。 趣味 火遊び DIY.  家庭菜園 苔玉盆栽(初心者) ーひとこと、ふたこと、人生観ー 人生は一度きり、今ある時間が全て。 過ぎてしまった時間は絶対に取り戻せない。 人や社会への想いは人の頭脳の中だけにしか存在しない。 人の頭脳の中に在る想いの一端をネットの世界には残せる...。 その記録は人類が存続する限り、残り続ける...........................?。 宇宙の彼方に見える星葛ほどに小さく無数にあるネット情報。 さまざまに人の想いが詰まったネット世界の記録。 仮の仮、偶然に未来の人に発見された時、少しでも役にたつ記事.記録を残したい。 未来の人でも理解できるような記事が綴れるのだろうか・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中