健康長寿 教訓解説(8.とし…

「歳は忘れて考えない」

「勿忘草Google検索画像」の画像検索結果←Google検索画像{勿忘草}。

泉重千代氏の「長生訓」の8項目にある言葉です。

「歳は忘れて考えない」・・・

人は齢(よわい)を重ねてくると、ついつい歳だから、、、と自分が高齢であるために衰えつつある体力、気力の事を弁解する傾向があります。

そうした事を戒めるというか「歳はとっても気は若い」という意識を持つことを長生訓としてすすめているのではないかと思います。

この事はこの「長生訓」の冒頭項目にある「万事くよくよしない」と同じように人の気持ち、心理、精神面の在りようが健康管理には大切だという事を表していると思います。

「想い、思う」事は人間だから出来る頭脳の働きだと考えられます。植物やペットなどにもそうした「気持ち」の「気」が在るのではないかと言われています。

しかし、人間と同じような言語を持たないために具体的なその時々の感情、や気持ち、を表す事はしません、出来ません。出来るのは人間だけ、なのです。

医学的には健康管理の`要`は、栄養と運動だと言われています。新生物学で言われている所に「気.血.動」の「気」の部分が大事だという事を唱えない傾向があります。

近年は病院の中にも「心療内科」というのがあって「心療」・・・心の在りようの大事さが分って来ては、いるようです。

冒頭で紹介した「・・・は考えない」の部分は心の在りように関わる言葉だと思います。

日本語には気持ち、心持などの精神面に関する言葉がかなりあります。先ず頻繁に使われている言葉のひとつに「気持ち」と言うのが在ります。その「気」が付いた言葉を調べて見ましょう。

「気」から始まる言葉には「気合い」「気力」「気心」「気質」「気炎」「気色」…など色々な言葉があります。

「勇気」「堅気」「のん気」「空気」などどちらにしても、肉眼では見えない事、現象、心持、の事を表す事が普通です。

それらの中で「空気」を読む、という言葉には「雰囲気」の「気」を感じるような意味合いがあると思います。つまり、見えない事柄を見る事を「読む」と言い現わしています。

ある学者が「見えないモノは無いのと同じような事だ」と断言しているのを聞いた事があります。

「星空」ではないですが「昼間の星はみえないけれど在るんだよ」という仏教の教えがあります。

「見えない」事は「無い事」とするのを「唯物史観」とも言うそうです。

「唯物論」「観念論」という哲学があります。哲学とは「モノの見方考え方」の事だと言われています。見えないモノ、見えない事は無い事、という考え方は唯物論でしょうか、観念論でしょうか?

「星空の画像」の画像検索結果←Google検索画像

少し難しい理屈になってしまいますが、夜空の星明りは光が進む速さを基準にして、○○光年という言い方をしています。

人や動物、植物が受ける「光」は明るければすぐにいろいろな物を見せてくれています。しかし、夜空の「星」明りは○○光年と言われるようなはるかに遠い世界から届いた光なのです。つまり、光の速さであっても○○年もかかるほど気が遠くなるような距離の事を表しています。

角度を変えて言えば○○年もの過去の光、私達は見ているという事になります。「今」自分の目で見えているのに見えている光は「過去」の光、という難しい理屈になっているのです。

懐中電灯の明りは今の明り、光です。家の中の蛍光灯やLED.の明りも今の光、なのに星空の星の光は過去の光というなんだかややこしい、事になってしまいます。

○○光年という時の距離は時間の長さでもあります。「歳は忘れて考えない」という言葉の中にある「歳」とはこの○○光年という時間と共通する言葉のようにも思えます。

「現在、過去、未来」と続いていく時間の流れは誰にもとめられません。過去に戻る事も出来ません。未来を見る事も知る事も出来ません。出来るのは。予測する事だけです。

近年はコンピュータの発達でこうした予測はコンピュータ予測が圧倒的に多くなっているようですが、あくまでも予測、であって、そうなる、と確定した事ではありません。

そうした事の中に気象予測というのが在ります。地球規模での気象予測には地球を回っている多くの人工衛星から送られてくる観測資料が多く含まれているそうです、それらを基に過去の経験値も加えての予測になっています。

コンピュータは人が入力した膨大な情報を元にこうなればああなる、といった予測の連続です。予測という言葉通りに予めわかっている数値で測るという事でもあります。

「勘が働く、洞察力画像」の画像検索結果

一方で人間の「勘」には数値では計れない、経験した事などから得られる「印象、ひらめき、思い付き」の様な事があります。

「歳は忘れて考えない」と言われるところの「歳」とは見えない事なのです。平均寿命の寿命とは多くの人間が生まれ落ちて死ぬまでの間の期間を総人口の数で平均化したものです。

平均とは生まれたばかりの人と100年も生きていた人の間を取った数値です。0と100という数字を足して人数の2という数字で割り、均した数字は50という値になります。平均というのはそのような事なのです。

寿命の計算値はそれほど単純ではないようですが、似たような事なのです。

50という数字の場合を例えにすると、たまたま50になっているだけで、平均値の50歳という数値の歳まで生きて居られる保証はありません。

事故死があったり、病死があるからです。

人は普通であれば自分の意思で死ぬ事はほとんどありません。なのに平均寿命の「歳」になる以前に死ぬ事があるのです。

例え、運よく、平均寿命をはるかに超えた年齢まで生きられたとしても、ずっと生きて居られるわけでもないのです。

人が死ぬまでの寿命、生物学的寿命は80プラスマイナス15というかなりアバウト、適当な数字なのだそうです。

つまり人の寿命は分らないのです。分からない事を、分からないとハッキリは言わない傾向があるのが現代の医学です。

「歳」の事は誰にも判らない事なので、分からない事を想い煩うより、考えない方がいい、というのが「泉重千代氏の120歳長生訓」の中にある「歳は忘れて考えない」という事なのではないかと考えられます。

                                                                                    ページの先頭に戻る👆

btn02-09 

 

書いて考えて 繰り返しの秘訣

「日めくりカレンダー画像」の画像検索結果Google検索画像よりコピペ

1年の計は元旦にあり・・・。

言い古された諺、格言です。
一方で「今年こそは今年こそはと、年の暮れ…」という嘆きの想いがあるのも人情なのかも知れません。
何故なんでしょうね?
やりたい、という想いがホントの自分の想いではなかったのかも知れません。

かつての流行語に
「いつやるの?」「今でしょ!」
と言うのがありました。
今、やる、という英語は「DO IT NOW」だそうです。
略して「DIN.」・・・に なるのでしょうか。

「DO IT NOW」を略した「語」はあまり聞きません。
「DO IT YOUR SELF」はDIY.という略語は定着しています。
DIY.とは「ドウ.イット.ユアセルフ」自分の事は自分で・・・という意味だそうですが。

「今でしょ」という言葉が単なる流行語でしかないとしたら
今、やる事の「大事さ」はあまり大事ではない、という事になってしまいます。

それでは、今、やる事にどれ程の意味があるのかを考えて見ましょう。
アナタは腕時計をしているでしょうか?

腕時計は単なるファッションなのでしょうか?
女性用の腕時計にはかなり小さいのがあります。
時計の文字盤の針の位置や時刻が読み取りづらいのではと思えるくらい
小さい腕時計が在ります。

そういうのはまさにファッション、アクセサリーという性格の時計だと
思います。
今の時間を見る気になれば見る事ができる、という程度の時計なのです。
昨今の文庫本や新聞の文字はかつての記事より大きくなっています。

文字を大きくする理由はなぜ、なのでしょうか?
簡単に言えば印刷文字を読み取る人の視力が昔の人より衰えている事を裏付けているのではないかと考えられます。

学校などの卒業式でよく歌われていた曲に「ホタルの光」と言うのが在ります。
大学受験を控えた世代のころに「蛍雪時代」という雑誌がありました。

「蛍雪」とは「蛍の光 窓の雪…」という「ホタルの光」という歌曲の歌詞の一節を略した言葉だと考えられます。

「視力検査の画像」の画像検索結果←Google検索画像

江戸時代に活躍した二宮金次郎(二宮尊徳)という人は昼の明るい時間には本を読んで勉強をする時間が無かったそうです。
ですから、昼間の仕事を終えた後に灯りをつけて本を読んでいた時に
明りを点ける油がもったいないので早く寝ろ、と言われていたくらいだそうです

灯油の油代がもったいないほど貧乏な時代があったんでしょう。
そんな時代に雪が積るほど寒い季節には夜でも
窓を開けると月明かりならぬ雪明りがさしていたそうです。

この雪明り、とはものの例え、比喩ではあると思います。
窓にガラス戸が付いていない時代に窓を開けては積雪の風が寒くてとても本を読むどころではないと思います。
そのくらいの明るさでも本が読めるほど視力が良かったという事なのですね。

ひと頃テレビで活躍していた人気者にアフリカ.ギニア出身の「オスマン サンコン」さんという人が若いころは視力が「8」も在ったというのを聞いた事があります。
普通の場合の視力とは遠くに在るモノがどのくらいハッキリ見えるかを計るモノサシの事です。

逆に近くのモノがぼやけて見えるようになるのは普通は「老眼」と呼ばれています。
つまり視力がいいという人は望遠鏡のようなメガネ、コンタクトレンズを顔、眼につけているような(裸眼で)見え方がする人の事だと言われています。

「視力検査の画像」の画像検索結果Google検索画像

ハナシが長くなってしまいました。
今、見る.見えるという事は夢想、夢見とは違う事は当たり前なのですが
今やらないで「いつやるの?」と言う場合の 今、ではない場合の想いや考えは
夢想、夢見と同じ事だと思います。

どれ程自分のアタマで考えた事であっても 今、やらなければ(行動に移さなければ)見えていないのと同じ、という事でもあります。
つまり、考えた事は実行する事で現実(今)に成るという事なのです。

例え失敗したとしても
考えた事をやってみるから検証(確かめる事が)できるのです。
何事もやってみないと分からないことは多いものです。

「日めくりカレンダー画像」の画像検索結果Google検索画像

「一年の計は元旦にあり」という格言のハナシに戻しましょう…。

せっかくの年頭の計画が三日坊主に成る事は少なくありません。
この三日坊主とは自分が決めた事が続けられないという事を指しています。
なぜ続けられないのでしょうか?

三度の飯より好き…という言い方が在ります。
仕事などが忙しくて毎日毎日三度の飯を食べられない人はいるかも知れません。
それでも腹が減っては戦(イクサ)は出来ぬ、と言う諺のように
好き嫌いなく飯を食うのが普通の人なのです。

いわゆる、三日坊主になる人はそのような好き嫌いなく食べる飯のような
計画を立てられない事にその原因があるのだと思います。
つまり、あれの為、これの為、という「たてまえ」だけの目標をたてている、と考えられます。
よく「建前と本音」と言いますがあの建前です。

あなたの「一年の計」は建前だけになっていませんか?
人は真に自分がやりたい事しかやらないのです。出来ないのです。
「一年の計」を建てる前に今迄生きて来た年月の中で自分が普通に出来ていた事はなかったかを考えて見ましょう。

普通に出来ていた事の中に
アナタがホントにやりたい事が含まれていると言われています。

その後でこれからやりたい事リストを書き出して見るのです。
箇条書きにしてペンで紙に書いて見るのです。
50項目書き出すといい、と言われています。

どんなつまらないと思える事でも紙に書きだすのです。
何もない、という人がいるそうですが
それでも無理やり考えてみるのです。

無理やり考える事にも意味があると言われています。
アタマは生きているうちに使え、とよく言われるのはその考える事を指しているのです。

「ペンと紙画像」の画像検索結果Google検索画像

自分のアタマで考え出した50項目を最低でも一日の間をとって
改めて読み直してみるといいでしょう。
そうすると見えて来る事がある、はずです。

私が、俺がホントにやりたい事はこの中にあるの?
もし無いとしたらどんな計画を立てても先ほど言った「たら、れば」の
建前だけになってしまいます。

例えば、
もし文字がうまく書けるようになったら、うまく書けるようになればという
「たら、れば」の計画では
建前だけなので間違いなく三日坊主になるという事なのでしょう。

苦手な事を鍛えるより
得意な事を精進、努力する事が大事なのです。
人生には大学受験のような「苦手克服」など要らないのです。

人間社会はフェアな世界ではありません。
一生懸命頑張った人が必ず報われるという事はありません。

人生は自己責任です。
だから出来る事を自分のチカラで「いつやるの?今、でしょ!」なのです。
人は先延ばしをする事で自分を守ろうとしているそうです。

今在る自分が嫌であっても今、元気でいられている現実を否定したくないからでしょうか。

「そのうちいつか」という「先延ばし」をするのが本能であることを承知したうえで
今出来る事、今やりたいことを少しずつ続ける事で道ができるのです。

とりあえず歩かなければ何を考えても思っても前には進みませんからね。
三日坊主を嘆く必要はありません。
「朝令暮改」は悪い事ではありません。

「朝」決めた事でもやって見て「暮れ」にダメだと分かったら改める事を戸惑ってはいけないのです。

「ペンと紙画像」の画像検索結果Google検索画像

三日坊主が悪いのではありません。
三日やって見たからダメだと分かったのです。

続けられないというのは自分のためになっていない、という事を知る事なのです。
ほんとにやりたい事しか続けられないのです。

やりたい事を続けたからこそ出来上がった技量というのがあるのです。
ほとんどの職人さんの技量が優れているのは同じ事を続けた結果なのです。

もう一度言います。
三日坊主がダメなのではないのです。
三日も続けたからこそ分かって来るのです。
分かったから止めて、お終いではなく、分かった事を改め、違う方法でやり直せばいいのです。

このやり直しは「いつ?」でしょう、「今!」でないといけません。

そのうち、いつか、という時間はありません。時間は今しかないなのです。
過去と言う時間には戻れません。

そのうちと言う時間が確実に在る、という保証はないのです。
この先、いつか、の事が分からないから「占い」があるのです。
くどく、なってしまいました。

今、を大事にしっかり生きて行きましょう。

ネット限定の本「達成する人の法則」

トップページへ戻る↑

 

↑元気だば 長寿教訓解説(5.深呼吸

長生10訓。

泉重千代氏の長生訓の4番目は「目覚めたら深呼吸」です。

深呼吸の意味はよく知られた事なのですが毎日の生活リズムの中で意識してやる人は少ないようです。深呼吸の方法にはいろいろな考え方がありますが丹田呼吸法というのと共通したところも在るようです。

丹田呼吸法とは「座禅」修行時の呼吸法にも似ているようです。

`座禅`修行にも似ていています。
単なる呼吸法ではあるが1種の難行苦行のようにもみえます。

長生10訓でいうところの深呼吸はそうした考え方のものではないと思われます。
人は長い時間同じ姿勢でいると体全体の筋肉がこわ張る事があります。

学校の授業時間や「受講セミナー」などはそうした意味では30~40分くらいの時間が理想的だと言われています。

目覚めた時深呼吸とはそうした考え方の一つだと思われます。

「睡眠画像」の画像検索結果
人の睡眠時間の長さはいろいろだと思いますが、普通には6~8時間だと言われています。

先ほど触れた30~40分に比べるとたいへん長い時間ほぼ同じような姿勢でいるという事になっています。
そういう意味ではそんな長い就寝時間に頻繁に寝返りを打つことが健康維持のためにはいいのではないかと思われます。

しかし、お行儀と言う意味では朝起きた時に枕の位置に脚が在る、というような寝相ではどうかという事はあると思いますが。

元気なお子さんほどそうした寝相の悪さがあるのはある意味、身体が元気な証拠なのかも知れません。
そのような寝相は普通の大人だと寝ている間はあまり変わりがないの場合が多いと思われます。

いくら横になっているとは言っても同じ体勢でいる事は全身の血流が緩やかになるなど就寝モードになっていると考えられます。

ペットとして飼われている犬や猫などは日がな一日寝ている事が多いようです。
その犬.猫が寝起きの時にはほとんど`伸びをしています。時には大あくびもしています。

あくびはある種の身体の緊張状態をほぐすために起きる現象ではないかと言われていますが定かではありません。
そうした`伸び`や `あくびの時は深呼吸が伴っていると考えられます。

↑←解説原本を見る

ページ先頭に戻る↑

btn02-09

 

 

 

限界住宅 寒村 国道際 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は国道沿いのとある交差点角に立っている住宅です。

屋根の様子を見ると廃墟、空家かと思える雰囲気です。

立派な人が住んでいる住宅なのです。

どういういきさつでこういう形になっているのか分かりませんが、

まだ人が住めるようなので雨漏りはそれほどひどくはなさそうに思います。

ここは雪国、雪下ろしの手間を省く、という事でもあったかと思えます。

本来は瓦ぶきの家なのでその上にかけたシートが傷んで来たという事のでようでもあります。

聴くところによると、お子さんたちが家を出た切り戻って来る予定のない家なのだとか。

ご主人お一人でのお住まいなので、限界住宅、とも言えるお家なのだそうです。

そのような限界集落というのが近年は急速に増えだしたとも言われています。

そうした限界、住宅のようにも見えます。

限界集落の限界とは集落が存続発展するには

若い人がその集落に棲みついて次の時代を担っていく事がほぼなくなった、

集落としては存続の限界に達した高齢者のみが住んでいる集落の事だそうです。

そういう意味でこの住宅も跡取りが住みつく事が無い、家屋のように思われます。

「霧霞画像」の画像検索結果

この住宅の所在地の地名は「市」なのですが、

自治体員としての住民が毎年1000人単位で減少している「市」だという。

雪国新潟県ぞのモノが総人口減少が続いている自治体だそうです。

県内の市町村人口が減少している傾向をみせているひとつの証かも知れません。

国家としての日本も将来的には人口減少傾向が続いていく

見通しなのだとも言われているくらいですから…。

そいうのを少子高齢社会とも言うようです。

時代を担う産まれて来る子供が少なく、長生きのお年寄りが増えていく、

社会構成人口の比率が逆ピラミッドになり始めているのだそうです。

大袈裟に言えば地球規模で見ると、

どういうわけか経済先進国ほどそうした少子高齢傾向が強いそうです。

長生きのお年寄りが多いという人類史上無かった社会に

なり始めているとも言われています。

そうしたお年寄りの国をどのような社会制度で維持していくかの見本

のようになっているのが日本だとも言われているそうです。

社会主義国家であった旧ソビエトのある代表が来日した時に、世界で

一番、社会制度として成功しているのは日本だと

断言した事があったそうです。

日本は国家としてはアメリカ仕込みの

自由と民主主義の国家であり、資本主義国家でもある、と言われているのですが。

お隣の国に市場原理を取り入れた共産主義国家があります。

社会主義国家としては問題が多過ぎる国でもあります。

市場原理とは資本主義経済の事なのだと思われますが

国家の機能が複数政党の政治活動を認めないという

制度になっている事から起きる「ひずみ」が多発しているとも考えられています。

一方、ニッポンだけと比べて見ても日本の総人口の

約10倍もいる国土ではすべての社会現象がほぼ10倍起きているだけで

特別な国家では無い、という考え方もあります。

急速に発展した中国経済はかつて日本が経験した大気汚染などの

「公害」に悩んでいるそうです。

「霧霞画像」の画像検索結果

歴史は繰り返すと言われています。

人類の歴史、という意味ではかつて、日本で起きた歴史上の経験が現代の中国で起きている

とも言えるかも知れません。

人口爆発という事での国家の「一人っ子政策」の結果

 

お年寄りの国になり始めているとも言われています。

国家の存続発展のためには問題が多いという事で人口制限はするべきではない、

と言う国家的反省が生まれているとか。

昔から言われている子孫繁栄のためには

子供は一家に3人以上いるべきだという考え方もあります。

ねずみ講式に人口が増えていくのも問題は在るのかも知れません。

しかし皮肉な事に人口増大抑制の結果、時代を担う子供が減るという事態になっているそうです。お年寄りの国、は日本だけではないようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は通称「オニギリ」とも呼ばれている丸型逆三角形は国道マークの事です。

国道とは国家、国家構成員である、国民の財産でもありますが

行政機関としての国家が管理しています。

当然そうした道路を維持管理するのには費用がかかります。

その費用は「税金」でまかなっています。

明治クーデタ―政権時代以前には個人の資産で

トンネル堀ったとか私財をなげうつ、と言う事があったそうです。

現代では色々な「寄付、カンパ」と言う形で税金収入以外の

慈善事業も行われているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

税金と言えば政治は税金の取り方使い方の事だとも言われています。

その税金でまかなわれているのも「選挙」です。

公示選挙ポスターの掲示板には税金が使われています。

写真の掲示板の右横に個人の建物の壁に貼られているのは

選挙前の事前運動とも言われている選挙に立候補を予定している人の顔写真です。

ポスターの下に「自民党」の文字が見えます。

選挙の在り方について触れるためにたまたま目についた

事前運動ポスターと正式ポスター掲示板が並んでいるのを撮ってみました。

国会議員「選挙」とは私たちの代表を無記名で投票でし

多数の票を録った人を代表としての国会議員を決めるルールになっています。

民主主義は多数決原理と言われています。

民主主義とは一人一人の意見考え方が大事にされるという、

国民主権の国家制度でもあります。

しかし、人はそれぞれに考え方が違う事が少なくありません。

一つの事を決める時にいろいろな意見に分かれた場合、

一番多い数の意見のモノ事に決めるという多数決原理でもあります。

多い意見が正しいという事ではありません。

ただ指示された意見の数が多いというだけなのです。

多数意見で決めた事でもやってみたらおかしい、

とか間違っていた、なんて事もあります。

そんな時はまた考え直して選挙をやり直せばいいのです

が選挙には費用がかかります。そうそう選挙ばかりやっていられません。

なのでの議会などでの、話し合い、議論、討論なのです。

その話し合いの場が無くなったら民主主義は

成り立たなくなってしまうと言われています。

サラリーマン 男性 会社員 スーツ 社会人 ビジネスマン ビジネス 人物 仕事 就職活動 紙 書類 英語 話す 検索 本 調べる 教育 社会 勉強 学習 相談 会話 コミュニケーション 学校 塾 テスト 問題 働く 打ち合わせ 就活 オフィス 文章 オフィスワーク デスクワーク デスク チーム 仲間 ミーティング 会議 説明 プレゼン プレゼンテーション 商談 取引 学生 考える 学習塾 成長 ビジネスイメージ 学ぶ 思考 課題 交渉 意見 研究 チャレンジ 挑戦 調査 人形 図書館 模型 アルファベット 英文 アイデア 読書 書物 洋書 知識 書籍 グローバル 先生 話し合い ビジネスシーン 教師 大学生 講師 モデル 立ち話 労働 ミニチュア 図書 知的 机上 話 話し合う 拡大鏡 企業 商社マン 文書 インターナショナル 努力 チームワーク 提案 フィギュア ドール 学問 小人 難しい 契約書 ビジネスパーソン 対話 マクロ撮影 図書室 レポート 解決 理解 知性 学び 試験 就職 アイディア 解答 ライブラリー 留学 論文 入試 企画 議論 シェア アドバイス 就活生 試験勉強 読解 ミニチュア撮影 スケールモデル 英会話 外資系 ソリューション 共有 論理的 入学試験 コンサルタント コンサルティング 解決策 ビジネス書 リサーチ 能力 グローバルビジネス 理解力 自己啓発 難題 理論 アカデミー 教員 コンサル 論理 オフィスシーン 博識 ディベート

いくら話し合いが大事とは言っても不毛の議論というか、

水掛け論と言うのもあるのでただ議論すればいいモノでもないと思われます。

特定の代表の人が勝手に政治の在り方を決めていく

「独裁政治」も怖い話ですがまとまりのない「政治」も困りものです。

「政治」とは税金の執りかた使い方の事だと言いました

「税金」が個人の手から離れてしまうと

自分のお金では無いように思えてしまうからやっかいです。

どちらにしても「人は他人されど仲良き」

というように思える事が大事だと思います。

違いがあって当たり前、俺が正しい、私が正しいというのではなく

こういうやり方もありますね、と言えるようでなくては

争い事が絶えないと思います。

特に国家の政治の在り方で言えば、

「戦争画像」の画像検索結果

人殺しや人権虐待の様なことが出来るような

税金の使い方をしてはいけないのです。

国家を守る事が個人の命や健康を守る事だ、などの意見はもっともらしく聞こえます。

軍事同盟も国防予算増大も民主主義のためだという理屈になりがちです。

国家を愛するという時に個人の命の大事さが無視されてはいけないと思います。