苔玉を造ろう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

苔の玉にさらに杉苔を植え付けてみました。 

その中に紅葉がキレイなカエデの苗を埋め込んでみた。春過ぎにこしらえてから半年近く経ちました。

杉苔もカエデも枯れずにいるので、成功したと言えるでしょうか?

この苔玉盆栽の本番はこの冬の寒さだと思います。冬を乗り越えられるでしょうか?。

「緑の苔玉と紅葉のカエデ」の対象が結構いいもんだよ、と友人が言っていた。 そのとおり、カエデが少しずつ色づいてくるのは楽しみです。

苔玉を載せたトレイは屋外バーベキュー用の使い捨ての食器を利用したモノです。せっかくの緑の苔玉にアルミトレイでは似合いません。

普通の食器を盆鉢代わりにで試して見たがそれでもいまいちです。ならば自分で作るのが早道かと思いつきました。

たまたま居住地の自治体に陶芸研修所と言うのがあって年に2回受講生を募っている市の後方を見つけた。

渡りに船とはこういう事かと、人生 初の陶芸に挑戦しています。

本格的な陶器製のトレイ(盆鉢)の自作品を「陶芸教室」で現在実習中なので、今年の冬までには試作品の「盆鉢」が焼き上がって来る予定です。

苔玉という盆栽のジャンルはそれほど歴史は古くないようです。

普通に盆栽の鉢土に苔を植え付けるという盆栽苔というのもあるようですが。

苔玉と言っても新しい試みの盆栽?なのでまだまだ定番の仕立て方というのは無いようです。

見た目の形だけで言えば、球状の玉の塊り全体が苔に覆われて丸くなっていれば「苔玉」と 呼んでいいようです。

その丸い苔の塊りの中になんの植物も埋め込んでいない、そのまんま、苔そのモノを楽しむ「苔玉」も在るようです。

ネット動画などで紹介されているのに、 すでに育っている鉢植えの植物を鉢から土ごとはずし、玉状に丸め、その周りに苔を張り付ける方法の苔玉もあります。

鉢植えの植物の、根土は落として、苔玉用土の中に埋め込んで、苔でくるむ方法もあります。

歴史のある盆栽のテクニックの中に根洗いと言うのがあるそうです。そうした盆栽技術の応用で鉢の土を完全に落としケト土などを配合した 新しい苔玉用土でその根っこを包むという方法で苔玉盆栽が普及し出したと言われています。

出来上がった陶芸教室での作品です。この器に載せた苔玉の写真を後日アップしたいと思っています。

水と水分と湿気と…(1/2一部加筆修正)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は苔玉用のトレイ→盆鉢にしたく、粘土で作ったモノです。粘土を乾燥している途中のモノです。

ただの皿ではありません。

受け皿の皿ではありますが。下の写真は苔玉とアルミトレイ、です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自然風の苔玉とアルミのトレイはあまりしっくりいきません。

なのでアルミトレイの中にある苔玉を上の写真の器の上に飾りたいと思って造りました。

粘土を丸く伸ばして縁を少し立ち上げただけで器らしくなります。

植木鉢の鉢のようでもありますが鉢としての機能はありません。

苔が主役なので水分が鉢から抜け出ないほうがいいかと思い、

水抜き穴をあえてあけていません。

だからといってどぶどぶの水につけておくのはあまり良くないそうです。

これは毎日の水やり、灌水管理とかでほんの少し盆の下に

水が在る、程度、にしてあげるのがよさそうです。

苔とはいっても水生植物ではないので水の中に浸かる、

と言うような育て方では「苔」が嫌がるという事のように思われます。

適当に水が在る、ではなく適当な水分がいいのだと思われます。

つまり、湿気ですね。水分、湿気、水・・・同じco2H2Oでもその在りようは植物には大事な要素だそうです。

因みにHは水素、Oは酸素、これがくっついてH2Oになる、、、というのだそうです。こうした化学記号は「化学」の分野で決められた記号なのだそうです。丸暗記しましょう…。

水分は要るが水は要らないという、「たんじゅん農法」では土を乾かせと盛んに主張しています。

水の惑星とよばれている、地球には色々な生物が棲み分けをして命を輝かせています。

オイラが今、育てたい命は「苔」です。

日当たりが悪くても枯れずに活き活きしている「苔」は家の周りの環境が湿気が多いという事だと思います。

この苔を活かす手はないかと考えてたどりついたのが苔玉づくりでした。

しかし「苔」の事を全く知らない。「這苔」と俗称「コンクリート苔」くらいしか知らない・・・。

という事で先ずは知っている苔でコケ玉を造ってみました。

ネットで色々調べてみました、、、あまりいい情報が見つかりません。

苔の様子をじっくり観て、教えて貰いましょう。苔様は何を教えてくれるでしょうか?苔の声が聞こえるでしょうか?

化学記号「エイチツーオー」の記号入力法例

H2O……半角英数キー+SHIFTキーH→、半角英数キー.2、
半角英数キーSHIFTキーO(この場合は`お`です.ゼロ.0ではありません)

 

 

 

 

 

 

限界住宅 寒村 国道際 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は国道沿いのとある交差点角に立っている住宅です。

屋根の様子を見ると廃墟、空家かと思える雰囲気です。

立派な人が住んでいる住宅なのです。

どういういきさつでこういう形になっているのか分かりませんが、

まだ人が住めるようなので雨漏りはそれほどひどくはなさそうに思います。

ここは雪国、雪下ろしの手間を省く、という事でもあったかと思えます。

本来は瓦ぶきの家なのでその上にかけたシートが傷んで来たという事のでようでもあります。

聴くところによると、お子さんたちが家を出た切り戻って来る予定のない家なのだとか。

ご主人お一人でのお住まいなので、限界住宅、とも言えるお家なのだそうです。

そのような限界集落というのが近年は急速に増えだしたとも言われています。

そうした限界、住宅のようにも見えます。

限界集落の限界とは集落が存続発展するには

若い人がその集落に棲みついて次の時代を担っていく事がほぼなくなった、

集落としては存続の限界に達した高齢者のみが住んでいる集落の事だそうです。

そういう意味でこの住宅も跡取りが住みつく事が無い、家屋のように思われます。

「霧霞画像」の画像検索結果

この住宅の所在地の地名は「市」なのですが、

自治体員としての住民が毎年1000人単位で減少している「市」だという。

雪国新潟県ぞのモノが総人口減少が続いている自治体だそうです。

県内の市町村人口が減少している傾向をみせているひとつの証かも知れません。

国家としての日本も将来的には人口減少傾向が続いていく

見通しなのだとも言われているくらいですから…。

そいうのを少子高齢社会とも言うようです。

時代を担う産まれて来る子供が少なく、長生きのお年寄りが増えていく、

社会構成人口の比率が逆ピラミッドになり始めているのだそうです。

大袈裟に言えば地球規模で見ると、

どういうわけか経済先進国ほどそうした少子高齢傾向が強いそうです。

長生きのお年寄りが多いという人類史上無かった社会に

なり始めているとも言われています。

そうしたお年寄りの国をどのような社会制度で維持していくかの見本

のようになっているのが日本だとも言われているそうです。

社会主義国家であった旧ソビエトのある代表が来日した時に、世界で

一番、社会制度として成功しているのは日本だと

断言した事があったそうです。

日本は国家としてはアメリカ仕込みの

自由と民主主義の国家であり、資本主義国家でもある、と言われているのですが。

お隣の国に市場原理を取り入れた共産主義国家があります。

社会主義国家としては問題が多過ぎる国でもあります。

市場原理とは資本主義経済の事なのだと思われますが

国家の機能が複数政党の政治活動を認めないという

制度になっている事から起きる「ひずみ」が多発しているとも考えられています。

一方、ニッポンだけと比べて見ても日本の総人口の

約10倍もいる国土ではすべての社会現象がほぼ10倍起きているだけで

特別な国家では無い、という考え方もあります。

急速に発展した中国経済はかつて日本が経験した大気汚染などの

「公害」に悩んでいるそうです。

「霧霞画像」の画像検索結果

歴史は繰り返すと言われています。

人類の歴史、という意味ではかつて、日本で起きた歴史上の経験が現代の中国で起きている

とも言えるかも知れません。

人口爆発という事での国家の「一人っ子政策」の結果

 

お年寄りの国になり始めているとも言われています。

国家の存続発展のためには問題が多いという事で人口制限はするべきではない、

と言う国家的反省が生まれているとか。

昔から言われている子孫繁栄のためには

子供は一家に3人以上いるべきだという考え方もあります。

ねずみ講式に人口が増えていくのも問題は在るのかも知れません。

しかし皮肉な事に人口増大抑制の結果、時代を担う子供が減るという事態になっているそうです。お年寄りの国、は日本だけではないようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は通称「オニギリ」とも呼ばれている丸型逆三角形は国道マークの事です。

国道とは国家、国家構成員である、国民の財産でもありますが

行政機関としての国家が管理しています。

当然そうした道路を維持管理するのには費用がかかります。

その費用は「税金」でまかなっています。

明治クーデタ―政権時代以前には個人の資産で

トンネル堀ったとか私財をなげうつ、と言う事があったそうです。

現代では色々な「寄付、カンパ」と言う形で税金収入以外の

慈善事業も行われているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

税金と言えば政治は税金の取り方使い方の事だとも言われています。

その税金でまかなわれているのも「選挙」です。

公示選挙ポスターの掲示板には税金が使われています。

写真の掲示板の右横に個人の建物の壁に貼られているのは

選挙前の事前運動とも言われている選挙に立候補を予定している人の顔写真です。

ポスターの下に「自民党」の文字が見えます。

選挙の在り方について触れるためにたまたま目についた

事前運動ポスターと正式ポスター掲示板が並んでいるのを撮ってみました。

国会議員「選挙」とは私たちの代表を無記名で投票でし

多数の票を録った人を代表としての国会議員を決めるルールになっています。

民主主義は多数決原理と言われています。

民主主義とは一人一人の意見考え方が大事にされるという、

国民主権の国家制度でもあります。

しかし、人はそれぞれに考え方が違う事が少なくありません。

一つの事を決める時にいろいろな意見に分かれた場合、

一番多い数の意見のモノ事に決めるという多数決原理でもあります。

多い意見が正しいという事ではありません。

ただ指示された意見の数が多いというだけなのです。

多数意見で決めた事でもやってみたらおかしい、

とか間違っていた、なんて事もあります。

そんな時はまた考え直して選挙をやり直せばいいのです

が選挙には費用がかかります。そうそう選挙ばかりやっていられません。

なのでの議会などでの、話し合い、議論、討論なのです。

その話し合いの場が無くなったら民主主義は

成り立たなくなってしまうと言われています。

サラリーマン 男性 会社員 スーツ 社会人 ビジネスマン ビジネス 人物 仕事 就職活動 紙 書類 英語 話す 検索 本 調べる 教育 社会 勉強 学習 相談 会話 コミュニケーション 学校 塾 テスト 問題 働く 打ち合わせ 就活 オフィス 文章 オフィスワーク デスクワーク デスク チーム 仲間 ミーティング 会議 説明 プレゼン プレゼンテーション 商談 取引 学生 考える 学習塾 成長 ビジネスイメージ 学ぶ 思考 課題 交渉 意見 研究 チャレンジ 挑戦 調査 人形 図書館 模型 アルファベット 英文 アイデア 読書 書物 洋書 知識 書籍 グローバル 先生 話し合い ビジネスシーン 教師 大学生 講師 モデル 立ち話 労働 ミニチュア 図書 知的 机上 話 話し合う 拡大鏡 企業 商社マン 文書 インターナショナル 努力 チームワーク 提案 フィギュア ドール 学問 小人 難しい 契約書 ビジネスパーソン 対話 マクロ撮影 図書室 レポート 解決 理解 知性 学び 試験 就職 アイディア 解答 ライブラリー 留学 論文 入試 企画 議論 シェア アドバイス 就活生 試験勉強 読解 ミニチュア撮影 スケールモデル 英会話 外資系 ソリューション 共有 論理的 入学試験 コンサルタント コンサルティング 解決策 ビジネス書 リサーチ 能力 グローバルビジネス 理解力 自己啓発 難題 理論 アカデミー 教員 コンサル 論理 オフィスシーン 博識 ディベート

いくら話し合いが大事とは言っても不毛の議論というか、

水掛け論と言うのもあるのでただ議論すればいいモノでもないと思われます。

特定の代表の人が勝手に政治の在り方を決めていく

「独裁政治」も怖い話ですがまとまりのない「政治」も困りものです。

「政治」とは税金の執りかた使い方の事だと言いました

「税金」が個人の手から離れてしまうと

自分のお金では無いように思えてしまうからやっかいです。

どちらにしても「人は他人されど仲良き」

というように思える事が大事だと思います。

違いがあって当たり前、俺が正しい、私が正しいというのではなく

こういうやり方もありますね、と言えるようでなくては

争い事が絶えないと思います。

特に国家の政治の在り方で言えば、

「戦争画像」の画像検索結果

人殺しや人権虐待の様なことが出来るような

税金の使い方をしてはいけないのです。

国家を守る事が個人の命や健康を守る事だ、などの意見はもっともらしく聞こえます。

軍事同盟も国防予算増大も民主主義のためだという理屈になりがちです。

国家を愛するという時に個人の命の大事さが無視されてはいけないと思います。

 

 

 

 

 

プランター たんじゅん農法 土…

プランター.JPG 写真①

先月畳替えをした。
新品と入れ替えたのではなく、リサイクルタタミとの交換である。
リサイクル畳というとは特別なタタミのようだがそうではありません。
とあるお家でタタミを廃棄処分する前の
程度の言いのをもらい受け、
我が家のカビ臭のする安いタタミと入れ替えた、という意味での
リサイクルなのです。
その入れ替え時に我が家のタタミはオイラが処分しないといけない。
屋敷の隣は人気のない雑木山林なので
その空地に敷き広げておけば雑草対策にもなるので
野外放置処分するつもりだった。
重いタタミをとりあえず庭の隅に積み上げて置いた時に
思いついた。
たんじゅん農法式でタタミ枠のプランターにするというのが
一番、ではないか・・・。
たんじゅん農法では土に空気を提供することと
水はけを良くするのが一番ということなので
この畳枠サイズのプランターだとちょうどいいのではないか。
アイデアはいいと思った。
しかし、プランター用土をどうする?
1.8×1.8≒2㎡・・・けっこうな量である。
数字の計算が苦手だが
見た目以上に大量の土が要るようです。
プランターb.JPG
写真②
何はともあれ、鉢底石の代わりに`笹``もみ殻`を入れて見た。
水はけのためにはいいようだが、踏み込んでみると想像以上に
フワフワだ。フワフワしすぎ・・・。
土を上に載せればしっかり土がしまる、だろう・・・か。
プランターc.JPG
写真③
この後、用土をタタミの高さ約90㎝まで
足すにはどのくらいの量になる、、、かな?と
市販の培養土の入った袋を笹、もみ殻の上に積んでみた。
ざっとの計算で150袋は軽く入るようです。
1袋100円ちょっとなのでx150≒15000円・・・。
タダのタタミの廃物利用にかける費用にしてはかかりすぎ・・・。
いかがいたしましょう・・・。
「土画像」の画像検索結果 「土画像」の画像検索結果
↑コピペ画像                    ↑コピペ画像
上掲写真のような土がどこかに在るはずだが
安く手に入れる方法を思いつきません。
残土の入手先を調べ
搬入手段を考え
作業をする手間ヒマをかける。
ふとした思い付きがどえらい手間ヒマのかかる事になってしまった。
ヒマ人なのにかかる手間ヒマを惜しんでどうする…?。

ある先輩が言っていたのを想いだした。

金をかければ思った通りの事を成し遂げるのは簡単だ。
金をかけずに出来ないかを考えるのが人間の‘‘知恵‘‘というモノだ。
物事を為す方法には
この手間ヒマという時間をかけるのに、お金をかけて他人様の手をかりるか
自分の時間を使い切るかのどちらかしかないのだ。
時間は人生での中ではもっとも貴重な財産だという。
しかし、金をかけて時間を買う能力がない以上、自分の時間を使うしかないのだ。
いいじゃない、自分で決めた道じゃないか、
無駄だと思うなら、すぐやめな!
自分の時間をどう使おうと自分の勝手じゃね?
よそ様には何の迷惑もかけないのだから。
とは思いつつ、途方に暮れている変なお爺さん・・・。
「志村けん変なおじさん画像」の画像検索結果
 ↑コピペ画像
「そうです、私が変なお爺さんです」
と、開き直ったところで、何も先に進みません。
どうしましょう・・・。
近くの農園で排水対策の溝掘りをした時の掘削土がある、
それを使おうか・・・と思いついて
さっそく行動した。
軽トラが無いので
袋に詰めて乗用車に積んで運ぶしかないのだ
14ℓ入る肥料袋で13袋を3回運んだ、150袋のうち、まだ40袋程度・・・。
運び込んだ土をそのままタタミプランターに入れれば
手が省けるのだが、そうはいかない。
運び込んだ土は農園の排水の悪いところの土なので
腐敗臭がする、ミミズがいる、そのまんまではプランター用土にするには
ちょっといけません。
腐りかけの塊りの用土をほぐしながら、もみ殻と貝化石石灰を混ぜ込む事にした。
全て手作業である。
譲り受けた、もみ殻の有効活用なのだと思っての事でもある。
時間はある。
しかし、お天道様には敵わない。
曇り時々雨の日が続いて作業が想うように進みません。
この先の天気予報でも好天は望めそうもないです。

曇り時々雨、の日が続いて、雪混じりの時雨しぐれの季節に成ればもう農作業はお休みの季節、雪が降る前にこのプランタ造成作業を終わらしたい・・・。

もみ殻堆肥」という有機農法には貴重な資材であるもみ殻は基本的には旬のモノ。
「貝化石石灰」貝化石という農業資材はあまり知られていない。
 天然の地下資源だ。地球の地殻変動を大きかった太古の時代に海洋微生物等が
 堆積して化石のようになったもの。
 
 しかし石灰化した岩石ではない。トラクターで踏む潰すだけでも砂状になる
 という特殊な石灰なのです。
 
 普通の石灰だと酸化した土を中和するための強アルカリ性なのだが
 この貝化石粒子は弱アルカリでもあるので
 土との相性が良く、酸化畑土の中和ができるのに、土がアルカリ化する事がない、
 のですぐに作物を植え付ける事が出来るという特殊な石灰です。