苔玉を造ろう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

苔の玉にさらに杉苔を植え付けてみました。 

その中に紅葉がキレイなカエデの苗を埋め込んでみた。春過ぎにこしらえてから半年近く経ちました。

杉苔もカエデも枯れずにいるので、成功したと言えるでしょうか?

この苔玉盆栽の本番はこの冬の寒さだと思います。冬を乗り越えられるでしょうか?。

「緑の苔玉と紅葉のカエデ」の対象が結構いいもんだよ、と友人が言っていた。 そのとおり、カエデが少しずつ色づいてくるのは楽しみです。

苔玉を載せたトレイは屋外バーベキュー用の使い捨ての食器を利用したモノです。せっかくの緑の苔玉にアルミトレイでは似合いません。

普通の食器を盆鉢代わりにで試して見たがそれでもいまいちです。ならば自分で作るのが早道かと思いつきました。

たまたま居住地の自治体に陶芸研修所と言うのがあって年に2回受講生を募っている市の後方を見つけた。

渡りに船とはこういう事かと、人生 初の陶芸に挑戦しています。

本格的な陶器製のトレイ(盆鉢)の自作品を「陶芸教室」で現在実習中なので、今年の冬までには試作品の「盆鉢」が焼き上がって来る予定です。

苔玉という盆栽のジャンルはそれほど歴史は古くないようです。

普通に盆栽の鉢土に苔を植え付けるという盆栽苔というのもあるようですが。

苔玉と言っても新しい試みの盆栽?なのでまだまだ定番の仕立て方というのは無いようです。

見た目の形だけで言えば、球状の玉の塊り全体が苔に覆われて丸くなっていれば「苔玉」と 呼んでいいようです。

その丸い苔の塊りの中になんの植物も埋め込んでいない、そのまんま、苔そのモノを楽しむ「苔玉」も在るようです。

ネット動画などで紹介されているのに、 すでに育っている鉢植えの植物を鉢から土ごとはずし、玉状に丸め、その周りに苔を張り付ける方法の苔玉もあります。

鉢植えの植物の、根土は落として、苔玉用土の中に埋め込んで、苔でくるむ方法もあります。

歴史のある盆栽のテクニックの中に根洗いと言うのがあるそうです。そうした盆栽技術の応用で鉢の土を完全に落としケト土などを配合した 新しい苔玉用土でその根っこを包むという方法で苔玉盆栽が普及し出したと言われています。

出来上がった陶芸教室での作品です。この器に載せた苔玉の写真を後日アップしたいと思っています。

水と水分と湿気と…(1/2一部加筆修正)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は苔玉用のトレイ→盆鉢にしたく、粘土で作ったモノです。粘土を乾燥している途中のモノです。

ただの皿ではありません。

受け皿の皿ではありますが。下の写真は苔玉とアルミトレイ、です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自然風の苔玉とアルミのトレイはあまりしっくりいきません。

なのでアルミトレイの中にある苔玉を上の写真の器の上に飾りたいと思って造りました。

粘土を丸く伸ばして縁を少し立ち上げただけで器らしくなります。

植木鉢の鉢のようでもありますが鉢としての機能はありません。

苔が主役なので水分が鉢から抜け出ないほうがいいかと思い、

水抜き穴をあえてあけていません。

だからといってどぶどぶの水につけておくのはあまり良くないそうです。

これは毎日の水やり、灌水管理とかでほんの少し盆の下に

水が在る、程度、にしてあげるのがよさそうです。

苔とはいっても水生植物ではないので水の中に浸かる、

と言うような育て方では「苔」が嫌がるという事のように思われます。

適当に水が在る、ではなく適当な水分がいいのだと思われます。

つまり、湿気ですね。水分、湿気、水・・・同じco2H2Oでもその在りようは植物には大事な要素だそうです。

因みにHは水素、Oは酸素、これがくっついてH2Oになる、、、というのだそうです。こうした化学記号は「化学」の分野で決められた記号なのだそうです。丸暗記しましょう…。

水分は要るが水は要らないという、「たんじゅん農法」では土を乾かせと盛んに主張しています。

水の惑星とよばれている、地球には色々な生物が棲み分けをして命を輝かせています。

オイラが今、育てたい命は「苔」です。

日当たりが悪くても枯れずに活き活きしている「苔」は家の周りの環境が湿気が多いという事だと思います。

この苔を活かす手はないかと考えてたどりついたのが苔玉づくりでした。

しかし「苔」の事を全く知らない。「這苔」と俗称「コンクリート苔」くらいしか知らない・・・。

という事で先ずは知っている苔でコケ玉を造ってみました。

ネットで色々調べてみました、、、あまりいい情報が見つかりません。

苔の様子をじっくり観て、教えて貰いましょう。苔様は何を教えてくれるでしょうか?苔の声が聞こえるでしょうか?

化学記号「エイチツーオー」の記号入力法例

H2O……半角英数キー+SHIFTキーH→、半角英数キー.2、
半角英数キーSHIFTキーO(この場合は`お`です.ゼロ.0ではありません)