火遊び、マッチ、熾き、炎(3.

「焚き火画像」の画像検索結果←Google検索画像

現代は「マッチ一本火事の元」なんて悠長な時代ではありません…。

昨年末に糸魚川市での大火が在りました。「マッチ一本」の火が元ではありませんが火の不始末が大火災の原因でした。

消防標語の中に「初めはアナタにも消せる小さな火」と言うのがあります。

マッチ一本の火では無くても初めはほとんどの場合小さい火なのです。台所で使われているガスレンジの火も商売用の高火力バーナーであってもガスレンジの火そのものがいきなり大きな火になる事はあまりありません。

「アナタにも初めは消せる小さな火」なのです。

「焚き火画像」の画像検索結果←Google検索画像

野外での焼肉焼きそばなどのバーベキューでよく使われているのが炭火です。その炭火を熾す、のは意外にたいへんです。

バーベキュー時の炭火は一度火が熾きれば火熱が安定する事と輻射熱とか赤外線とかの熱のおかげで美味しく食材に加熱できるので重宝されています。

しかしその炭に火を点けるのが意外に簡単では無いのです。

炭火に限りませんが薪などに火を点けて火力が安定するまでの事を「火を熾す」と言います。薪を燃料にしなくっている現代では火を熾すという言葉はあまり使われなくなっています。火が熾きる、という概念が分らない人がいるかも知れません。

この火を熾すという文字は熾火という言葉で見られるように熾く火…置けると言うように、火熱の塊りの事です。炎とは違います。炭火はその熾火の代表格です。

そうした熾火は薪となる木材を燃料にする経験がないと理解しにくい概念かも知れません。ガスや石油そのものには熾火という現象は見られないからです。

「空き缶ロケット画像」の画像検索結果 「空き缶ロケット」の画像検索結果←Google検索画像

の写真は空缶で作ったロケットストーブと言われているコンロです。

日本語ではストーブとは暖房器具の事ですが、アメリカでは調理用の過熱器具の事を指す言葉なのだそうです。

DIY.フアンにはなじみのある「ロケットストーブ」ですがストーブでロケットって何と思うのが普通だと思います。

ネット検索で調べているとマニアックな人達が色々な情報を投稿しているのが分りました。

ロケットストーブは薪ストーブが基本です。なので燃料には薪が欠かせません。薪って何だ?、火が燃えるってどういう事?ストーブとコンロ…知らない事ばかりです。

                           次のページへ👉

↑←火遊び解説原本ページを見る

トップページへ戻る↑